1. ホーム
  2. フケの基礎知識
  3. フケ症という言葉について

フケ症という言葉について

フケがひどい人を見ると、「不潔だな」と思うのは仕方のないことです。
ただ、それを単に不精している人だと早急に判断するのは良くありません。

「フケ症」という言葉もあり、ちゃんと毎日頭を洗っているのに、
それでもフケが出てしまう人もいるのです。

ここではフケ症の定義について考えてみます。

フケの量によっては病気となる

フケ症という言葉がありますが、これは正式な病名ではありません。
造語またはそれに近いものでしょう。
フケの症状が甚だしい人、フケで悩んでいる人全般を指す言葉です。

フケ症が病気かどうかも曖昧なところです。

フケが出るのは、人間にとって自然な生理現象です。
体の皮膚は常に新陳代謝を繰り返しており、
古くなった皮膚は剥がれ落ちなければなりません。
その皮膚の排出機能が頭皮でも起こっているだけなのです。
したがって、フケというのは出なければならないものでもあるのです。

ただ、そのフケの量によっては、単なる生理現象ではなく、
フケ症と言わなければならないこともあります。

フケ症が病気かどうかも、そこで決めるべきです。
大量のフケによって、周囲の人から避けられ、苦痛な思いをするようならば病気、
特に周囲から嫌がられることもなく、自分でも気にならない程度の量ならば、
無理に病気と思わなくてもよいでしょう。

フケ症か否かの判断基準

「フケの量が何グラムとか、何パーセントだとフケ症」
という線引きはもちろんありません。

ただ、自分では大した量だと思っていなくても、
他人からは「ひどいフケだ」と思われている可能性もあります。
なので、ある程度の目安は必要でしょう。

フケ症かどうかを判断するひとつの方法は、朝起きたら頭を洗うことです。
朝シャンでも構いませんが、丁寧に洗髪して下さい。
そして、その日のうちにフケが落ちてくるかどうかをチェックします。
シャンプーをしてから1日も経っていないのに、
フケがポロポロと落ちてき
たら、それはフケ症だと思ったほうがよいでしょう。

もちろん、頭を全然洗わない人は、フケでいっぱいのはずです。
そのような場合はフケ症かどうかの判断もつきません。

毎日頭を洗っているにもかかわらず、すぐにフケが出てきてしまう場合、
また、頭を掻いたり髪の毛をはたいたりすると、
ものすごい量のフケが出て、一向に収束する気配がないような場合は、
フケ症と考えて間違いありません。

なお、大した量でなくてもフケで悩んでいる人は、
それだけでフケ症と考えるのも間違っていないと思います。
明確な定義がないのですから、
自分が悩んでいるかどうかを判断基準にするのも自由です。

フケ症は決して体に有害な病気ではなく、
まして命にかかわるような病気ではありません。
ただ、周囲への影響は大きい症状ですので、
気になっている人は、フケ対策を考えるようにしましょう。