1. ホーム
  2. フケの基礎知識
  3. 乾燥フケと脂性フケ

乾燥フケと脂性フケ

人によってフケの性質は異なることをご存じでしたか?

フケというと乾いた粉のようなイメージが強いかもしれませんが、
それはあまり重症でなく、健全な人からも出るフケです。
フケには湿り気のあるタイプもあり、それこそ本当のフケ症なのです。

深刻なのは「脂性フケ」

フケ症にも人それぞれタイプがありますが、
大別すれば、乾性フケと脂性フケの2種類があります。

この種類分けを知っておくことは重要です。
フケのタイプによって、治療や予防の方法が大きく異なるからです。
自分のフケ症がどちらに分類されるかを、必ず把握しておくことです。

乾性フケ - 頭皮に強い刺激を与えないこと

湿り気のない乾いたフケがポロポロとこぼれ落ちるタイプです。
洗髪をしすぎたり、頭を強く掻いたりしたときに出やすいフケです。
このようなフケが出るのは、誰しも経験していることだと思います。

フケ症と言えるほどではないのに深く悩んでいる人は、
まず間違いなくこの乾性フケです。
このタイプのフケはそれほど重症ではなく、あまり心配する必要はないでしょう。

もちろん大量に出ている場合は、周囲の人を不快にさせますので、
そのまま放置してよいというわけではありません。
ただ、頭を掻きすぎない、頭を強く洗いすぎないようにすれば、
おおむね解消されると思ってよいでしょう。

脂性フケ - 体質が大きく影響する

文字通り脂っこいフケですが、
頭皮に分泌される皮脂が過剰になり、湿り気を持ったフケです。

先述の乾性フケは、頭を掻くとポロポロ落ちたり飛散したりしますが、
この脂性フケは、爪の中にぐじゃぐじゃと溜まりやすいフケです。
体に付着しやすいだけ不快度は高いと言えるでしょう。

フケ症と言えるレベルの人は、たいていがこの脂性フケです。
乾性フケよりも症状が重く、これこそが真のフケ症と言えます。
単に毎日洗髪するだけでは治らず、本格的な治療が必要です。