1. ホーム
  2. フケ症のさまざまな原因

フケ症のさまざまな原因

フケというと、単に頭を洗っていない人に出るもの――
そういう印象が根強いと思います。
だからこそ、不潔なイメージが強いのだと思いますが、
しっかり洗髪しているのにフケが止まらない人もいるのです。

フケが起こる原理と、その原因になりやすいものを紹介しましょう。

頭皮の構造と新陳代謝

普段は真正面から見ることのない頭皮ですが、
その構造や役割は、手や足の皮膚とまったく同じです。
皮膚は常に新陳代謝によって、古い組織から新しい組織へと入れ替わっており、
これがフケの発生原因と深く関連しています。

フケ症を起こす癜風菌とは?

フケ症は単なる不精が原因ではなく、
体に異常な菌が繁殖していて、そのために起こっている可能性があります。
その原理は水虫の場合とよく似ています。

頭皮の皮脂が増える原因

フケ症は頭皮の皮脂が多い人ほど発症しやすくなります。
皮脂は皮膚の中に細菌が侵入するのを防ぐ役割があるのですが、
癜風菌の場合は、逆にその皮脂を食べてしまうのですから、
皮脂があまりに多い状態というのは避けなければなりません。

シャンプーが原因になることも

フケと言えば通常、頭を洗わずに不衛生にしている人から出るものです。
毎日シャンプーで頭を洗っている人からは、フケは出てこないのが普通です。
しかし、意外なことに、そのシャンプーがフケ症の原因になってしまうことも、
場合によってはあるのです。