1. ホーム
  2. フケ症のさまざまな原因
  3. 癜風菌の繁殖でフケ症が起こる

癜風菌の繁殖でフケ症が起こる

フケ症は単なる不精が原因ではなく、
体に異常な菌が繁殖していて、そのために起こっている可能性があります。
その原理は水虫の場合とよく似ています。

※病気ではない「フケ」は単なる不精が原因です。
頭を毎日洗っても絶えずフケが出る場合は、菌の繁殖を疑って下さい。

頭皮の皮脂を食べるカビ

フケ症の直接の原因は、頭皮の新陳代謝が異常になることです。
では、その新陳代謝を狂わせる原因は何でしょうか。

それには多くの原因が考えられますが、
フケ症には癜風菌 (でんぷうきん) という菌が関係していると言われています。

癜風菌はカビの一種です。
カビと言っても、パンに生える青カビや、お風呂の壁などに生える赤カビとは違い、
頭皮から分泌される皮脂を栄養にして繁殖するカビです。

同じカビの一種に白癬菌というものがありますが、
こちらは水虫の原因になる菌で、
皮膚のケラチンというタンパク質を栄養にして繁殖します。

フケ症の人は、癜風菌というカビが頭皮に繁殖しているのです。

自分の頭に菌、しかもカビが繁殖しているとなれば、とても気持ちが悪いですね。
フケ自体も不潔なイメージがありますが、
それがカビによるものとなれば、なおさら近づき難くなってしまいます。

菌やカビ自体は人間の体にたくさん住みついているのですが、
問題なのは、やはりその量です。

癜風菌は健全な人の頭皮にも繁殖していますが、
フケ症の人は、頭皮の皮脂が増加しているために、
この菌が異常に多くなってしまっているのです。

癜風菌は頭皮にどう作用するのか

頭皮に癜風菌が大量に頭皮に付着していると、どうなるでしょうか。

癜風菌とフケ症の明確な因果関係は解明されていませんが、
癜風菌は皮脂を食べるとき、脂肪酸に分解する性質を持っています。
この脂肪酸が皮膚の組織を刺激して、
新陳代謝のスピードを必要以上に高めてしまっている可能性があります。

あるいは、癜風菌自体が皮脂と一緒に角質層も食べてしまうため、
失われた角質を補うために、基底層がどんどん新たな細胞を作り出し、
食べられずに残っている角質が剥がれ落ちていくのかもしれません。

いずれにしても、癜風菌は新陳代謝に悪影響を与えることは間違いありません。
癜風菌が繁殖している限り、フケ症はまず治らないということになります。

毎日欠かさずシャンプーで頭を洗っているのに、
一向にフケが治まらない理由のひとつがここにあります。
そういう人は癜風菌が皮膚の奥深くまで侵入しているため、
シャンプーくらいでは洗い落とせなくなっている可能性があります。