1. ホーム
  2. フケ症のさまざまな原因
  3. 頭皮の皮脂が増える原因とは?

頭皮の皮脂が増える原因とは?

フケ症は頭皮の皮脂が多い人ほど発症しやすくなります。

皮脂は皮膚の中に細菌が侵入するのを防ぐ役割があるのですが、
癜風菌の場合は、逆にその皮脂を食べてしまうのですから、
皮脂があまりに多い状態というのは避けなければなりません。

皮脂は生活習慣の影響を大きく受ける

フケ症の原因となる癜風菌は、頭皮の皮脂を栄養にして繁殖します。
必然的に皮脂の分泌量が多い人は、癜風菌に寄生されやすく、
フケ症になりやすいということになります。

では、皮脂の分泌量が増える原因は何でしょうか。

性別などの先天的要因によるもの

まず、フケ症は男性に多い病気と言われています。
性別が皮脂の分泌量に影響するからです。

一般的に、男性は女性よりも皮脂が多くなるものです。
これは男性ホルモンの働きによるものなので、仕方のないことです。

そのほかにも皮脂が多く発生する体質というものがあり、
このような先天的な要因による部分はどうにもならないので、
他の要因に目を向けるしかありません。

生活習慣の乱れ

フケ症の原因は決してどうにもならないものばかりではなく、
自分で今日からでも改善できる原因もたくさんあります。

その代表例が生活習慣の乱れから来るストレスです。
フケ症に限らず、頭皮や毛髪のトラブルの多くはストレスに起因するものです。

そのストレスの原因となる生活習慣といえば、睡眠不足や食生活の乱れです。
これらは私たちの新陳代謝を狂わせる最大原因と言ってもよいでしょう。
特に睡眠不足によって体の疲れ (肉体的ストレス) が溜まっている人は、
脱毛や肌荒れが起こりやすくなるのと同様に、フケ症も起こしやすくなります。

ストレスはホルモンバランスにも悪影響を及ぼしますから、
男性の場合、ストレスを溜めていると男性ホルモンの分泌量が不必要に増してきて、
皮脂が過剰に分泌されてしまうことにもなります。
また、女性であっても男性ホルモンは少量ながら分泌されていますので、
油断してはいけません。

不規則な生活習慣ほど、健康と美容の敵になるものはありませんから、
心当たりがある人は、すぐにも改善しましょう。