1. ホーム
  2. フケ症のさまざまな原因
  3. シャンプーがフケ症の原因になる!?

シャンプーがフケ症の原因になる!?

フケと言えば通常、頭を洗わずに不衛生にしている人から出るものです。
毎日シャンプーで頭を洗っている人からは、フケは出てこないのが普通です。

しかし、意外なことに、そのシャンプーがフケ症の原因になってしまうことも、
場合によってはあるのです。

シャンプーしない人はフケ症になりやすい

まず、毎日しっかりシャンプーをしない場合のことを考えてみます。
そのような人の頭には、当然フケが溜まっていくことでしょう。

洗髪を怠っている人は、フケそのものが溜まるだけでなく、
分泌される皮脂の量も増えていくものです。

そうなれば、癜風菌の餌が増えるので、フケ症の原因にもなり得ます。
これも生活習慣が原因のフケ症と言ってよいでしょう。

シャンプーの成分がフケ症の原因になってしまう

ところが皮肉なことに、毎日頭を洗っている人でも、
使っているシャンプーが原因でフケ症になってしまうこともあるのです。

何故かと言えば、シャンプーに含まれている成分に原因があるのです。
シャンプーには、保湿剤、増泡剤、防腐剤など、
多種類の化学成分が含まれています。

最近は「経皮毒」という言葉も生まれ、
皮膚から体内に入っていく有害成分についての議論もされるようになっています。

シャンプーに含まれる化学成分も、やはり頭皮から体内へと入っていきます。
その成分の中には、皮膚と合わないものも混じっているかもしれないのです。

皮膚が嫌う成分が含まれているシャンプーを使用した場合、
頭皮が傷んでしまい、その頭皮はもう使い物にならなくなって、
新しい頭皮を再生させなければならなくなります。
必然的に新陳代謝が早まることになりますので、
フケもどんどん剥がれ落ちていきます。

もちろんシャンプーだけでなく、リンスや白髪染めなど、
頭に付けるものならば、何でもフケ症の原因になり得ます。

原因に気づけるか

ここで厄介なのは、シャンプーやリンスがフケ症の原因になっていることには、
なかなか気づけないということです。
そもそもこれらは、髪と頭皮を洗って健全に保つものですから、
思いもよらない場合がほとんどです。

むしろ、フケ症の原因は洗髪が足りないからだと思って、
さらにシャンプーを使うようになってしまう
のではないでしょうか。

しかし、毎日しっかりシャンプーしているのにフケがどんどん悪化するような場合、
一度そのシャンプーの質を疑うべきでしょう。

もしも別のシャンプーに変えたらフケ症が改善されたのであれば、
間違いなくシャンプーの成分が原因だったと特定することができます。
それならば、特別な対策をしなくても、簡単にフケ症を解決できます。