1. ホーム
  2. フケ症になったときの対策

フケ症になったときの対策

フケ症は予防するのがベストですが、
すでに発症してしまっている人はどうすればよいのでしょうか。

フケ症は治りにくい症状ではありますが、決して治らないものではありません。
改善に取り組めば、だんだんと症状が緩和されて楽になってきます。
ここでは具体的なフケ症対策法を紹介しましょう。

頭を掻かない・触らない

フケ症を改善するには何らかの対策が必要です。
ただ、実際に「何かをする」ということよりも、
今ある悪い習慣を「なくす」ということが先決の場合もあります。

頭を掻かないための対策

フケ症の最も基本的な改善策は頭を掻かないことです。
ただ、痒みがあまりにもひどい場合は、それも難しいと思います。
ここでは、頭を掻かないようにするポイントを述べることにします。

洗髪で皮脂を取り除こう

洗髪はフケ予防の段階から大切なことですが、
フケ症になってしまってからも重要な対策法です。
すでにフケ症を起こしている人は、頭皮に過剰な皮脂が溜まっていますから、
洗髪で取り除き、癜風菌の繁殖を抑えましょう。

頭皮ブラシを使って洗髪する

フケ対策として、洗髪で皮脂を取り除くことは基本になりますが、
どうも力を入れすぎて洗ってしまったり、
実際に皮脂が取れているかどうか不安という悩みも多いと思います。
そこで役立つのが、洗髪の時に使う「頭皮ブラシ」です。

フケ対策用のシャンプー

フケ対策には毎日のシャンプー。
これは鉄則です。
ここではフケ対策用のシャンプーというものを考えてみましょう。

禁酒でフケ対策

お酒を飲んでいるとフケが出るという話ではありませんが、
フケ症の人は、お酒が原因のひとつになっていることもあります。
お酒がフケ症につながるのはどんな場合なのでしょうか。

禁煙でフケ対策

通常、禁煙と言えば、
「体に悪いから」「肺がんの原因になるから」
などの理由でタバコをやめるわけですが、フケ症につながるケースもあります。

フケ対策は気長に継続して

フケ症は毒性の強い病気ではありませんが、治すのはなかなか難しい症状です。
フケ症は治すのに時間を要するため、
改善にあたっては気長に取り組むことが大切です。