1. ホーム
  2. フケ症になったときの対策
  3. 頭皮ブラシを使って洗髪する

頭皮ブラシを使って洗髪する

フケ対策として、洗髪で皮脂を取り除くことは基本になりますが、
どうも力を入れすぎて洗ってしまったり、
実際に皮脂が取れているかどうか不安という悩みも多いと思います。

そこで役立つのが、洗髪の時に使う「頭皮ブラシ」です。

頭皮に優しいブラシを選ぶ

頭皮ブラシはシャンプーする際に使う、柔らかめのブラシです。
シャンプーブラシとも言われています。

頭皮ブラシを使うと、手で洗う場合に比べて泡立ちやすく、
髪と頭皮のすみずみまでシャンプーが行き渡るようになります。
うまく使えば皮脂もしっかり落とせるようになるでしょう。

毛の細いタイプがおすすめ

ただし、頭皮ブラシを使う際にも注意点があります。

それはやはり頭皮への刺激に注意することです。
手で洗髪する際、爪を立てて洗わないようにすることは繰り返し述べていますが、
ブラシを使う場合も同様のことが言えます。

まず、頭皮ブラシではない、通常のスタイリング用のヘアブラシを使うのは論外です。
普通のヘアブラシは硬いため、そんなもので頭皮を洗ったのでは、
頭皮へのダメージが非常に大きくなります。

頭皮ブラシを選ぶ場合も、なるべく柔らかいタイプを選んだほうがよいでしょう。

おすすめは、毛が細いタイプの頭皮ブラシです。
なるべく細いタイプを選んだほうが、頭皮の皮脂を取り除くのに適しています。
特に毛穴に詰まった皮脂は簡単には取り除けず、フケ症の原因にもなりやすいので、
頭皮ブラシが真価を発揮すると思ってよいでしょう。

ただし、細く鋭いタイプのブラシは、それだけ頭皮を刺激しやすいので、
使う時はくれぐれも弱めの力で使って下さい。

優しく左右に動かしながら洗う

頭皮ブラシを使って実際に洗髪する場合、
どのような手順で洗っていけばよいでしょうか。

頭皮ブラシはシャンプーを付けてからではなく、付ける前から使います。
ぬるま湯を髪に付けたら、そこで頭皮ブラシを使って、お湯を髪になじませます。
それからシャンプーを付けると、頭皮になじみやすくなります。

あとはブラシを使って実際に洗髪していきます。
繰り返しになりますが、弱めの力で優しく丁寧にマッサージするように洗います
柔らかい素材でできている頭皮ブラシとはいえ、指ほど柔らかくありませんから、
ちょっと力を入れれば頭皮を掻きむしってしまいます。

単一方向に頭皮ブラシを移動させるよりは、
左右に何度も動かしたほうが、毛穴に詰まった皮脂を除去できることが多く、
フケ症の改善につながりやすくなります。