1. ホーム
  2. フケ症になったときの対策
  3. 禁酒でフケ対策

禁酒でフケ対策

少し意外なフケ対策方法として、禁酒を紹介してみたいと思います。

お酒を飲んでいるとフケが出るという話ではありませんが、
フケ症の人は、お酒が原因のひとつになっていることもあります。

お酒がフケ症につながるのはどんな場合なのでしょうか。

アルコールの分解で新陳代謝のペースが狂う

禁酒がなぜフケ対策につながるのでしょうか。
お酒を飲んだからといって、直接フケ症に結びつくことはありません。

ただ、注意したいのは、お酒を飲み過ぎてしまうことです。
すると、頭皮に栄養が送られにくくなって、新陳代謝のペースが早まり、
フケ症を起こしてしまうことがあるのです。

その原理をもう少し詳しく説明しましょう。

お酒をたくさん飲むと、肝臓が一生懸命アルコールを分解することになります。
すると、たくさんのアセトアルデヒドが発生して酔っぱらった状態になります。
このアセトアルデヒドを分解するために、体が総動員してたくさんの酵素を使い、
体の栄養素を大量に使ってしまうのです。

その結果、頭皮には栄養素が行き渡りにくくなってしまい、
頭皮が荒れて、新しい角質細胞を作り出すために、
新陳代謝のペースを早めてしまうのです。
結果的にフケ症になります。

お酒を飲んだら、汗がたくさん出てしまったという経験はありませんか?
これも同じ原理なのです。
頭皮だけでなく、顔や体の皮膚にも栄養供給が後回しになるため、
急激な新陳代謝が起こって、汗と油が多量に分泌されてしまっているのです。

以上が、過度の飲酒がフケ症を引き起こす原理です。

お酒をやめる必要はあるの?

もちろんフケ症の原因になり得るのは、過剰な飲酒であって、
適量のお酒であれば問題ありません。

ただ、実際に適量で済ませている人は少ないと思うので、
フケ症の人で、「お酒をたくさん飲んでいるな」という自覚がある人は、
ここで禁酒をしてみてはいかがでしょうか。

フケ症解消とともに、体の健康にもつながります。

ただし、お酒を止めることが多大なストレスになる場合は、無理をしないで下さい。
ストレスも頭皮に悪影響を与える大きな要因ですので、
それもフケ症の原因になってしまう可能性があります。

お酒はほどほどにする。
これはフケ症の対策にもなるということを覚えておいて下さい。