1. ホーム
  2. フケ症になったときの対策
  3. 頭を掻かないための対策

頭を掻かないための対策

フケ症の最も基本的な改善策は頭を掻かないことです。
ただ、痒みがあまりにもひどい場合は、それも難しいと思います。

しかし、頭を掻くと頭皮が傷つき、かさぶたができて、
ますます痒くなってしまいます。
やはり何としても頭を掻く習慣を断ち切らなければなりません。

ここでは、頭を掻かないようにするポイントを述べることにします。

痒みを甘く見ない!

痒みと痛みでは、どちらの症状のほうが苦しいか。

多くの人は「痛み」と答えるでしょうが、
痛みならば、触れるともっと痛むことが分かっているので、
患部に触れないようにするはずです。
結果的に患部は安静に保たれ、治りが早くなります。

しかし、痒みの場合は、掻けば治まると思ってしまい、
患部を一生懸命掻きむしろうとします。
そして、爪で皮膚を破ってしまい、炎症をさらに悪化させてしまうのです。

その意味で、フケ症というのは非常に治りにくい、厄介な症状なのです。

「ただ痒いだけ」と言って、軽く考えないことが大切です。

帽子をかぶって頭皮を守る

どうしても頭を掻くのをやめられない人は、
帽子をかぶって生活してみてはいかがでしょうか。

公共の場でも帽子をかぶったままではいけませんが、
プライベートで家に1人でいるときは、常に帽子をかぶるようにするのです。
そうすれば、頭を直接手で触れることがなくなります。

もちろん、帽子をかぶっていても痒み自体は少しも改善しません。
ただ、それでも頭を掻きむしることだけは避けることができます。
痒くなっても頭に少し触ったり叩いたりするくらいならば、
頭皮へのダメージはそれほど重いものにはなりません。

最も悪い癖は頭を掻きむしることですから、
まずは帽子をかぶって、「掻きむしる」から「少し触る」まで改善しましょう
頭を少し触る程度で痒みを我慢できるようになれば、
あと一歩で頭を触る癖も脱却することができるでしょう。