1. ホーム
  2. フケ症になったときの対策
  3. フケ対策用のシャンプーを使う

フケ対策用のシャンプーを使う

フケ対策には毎日のシャンプー。
これは鉄則です。

もちろん、日頃から頭を掻きむしらないようにすることも大切ですが、
洗髪なくしてフケ症は避けられません。

ここではフケ対策用のシャンプーというものを考えてみましょう。

フケ症対策用シャンプーとは?

フケ症対策の洗髪においては、シャンプー選びも重要です。
刺激の強いシャンプー、自分の頭皮の質に合っていないシャンプーを選ぶと、
かえって逆効果になってしまうことがあるからです。

シャンプーというと、基本的には髪の毛の汚れを落とすためのものですが、
頭皮の汚れを落としてケアすることに重点を置いたものも販売されています。
私の視点から言えば、髪の毛よりも頭皮のケアが重要なので、
それこそ本来のシャンプーというべきだと思います。

シャンプーにも用途別の種類があり、抜け毛対策用のシャンプーもあれば、
フケ症対策用 (頭皮ケア用) のシャンプーもあります。
やはりフケ対策に特化したシャンプーが心強いですね。

では、どんなシャンプーがフケ対策に適しているのでしょうか。

刺激の少ないシャンプー

フケ対策に適しているシャンプーとは、
一言で言うならば、刺激の少ないシャンプーです。
もっと言えば、頭皮を弱酸性に調えてくれるシャンプーです。
無添加であればさらにベターですね。

なお、かゆみを抑えるシャンプーは刺激が強いものが多いようです。
そのようなシャンプーはアルカリ性または酸性が強く、
フケによる痒みは一時的に治まっても、頭皮は荒れて、
フケ症はますます進行させてしまう恐れがあるので要注意です。

殺菌作用があるシャンプー

フケ対策のためのシャンプーとして効果的なのは、
頭皮に棲み着いた癜風菌の繁殖を抑える成分を含むものです。

たとえば、イオウ、ピロクトンオラミン、オクトピロックスなどです。
また、癜風菌は真菌 (カビ) の一種ですから、
抗真菌薬のミコナゾールなどを含む薬用シャンプーもあります。

このような成分を含むシャンプーであれば、
癜風菌を排除することができるでしょう。

ただし、こういった化学成分を多量に含むシャンプーは、
頭皮に過剰な刺激を与えてしまう可能性も無視できません
刺激の弱いフケ対策用シャンプーを選んでいるつもりが、
癜風菌排除を目当てにしたために、刺激の強いものを選んでしまうことがあります。

それでは意味がないので、自分の頭皮の質をよく見極め、
効果のバランスが取れたシャンプーを選ぶことが大切です。