1. ホーム
  2. フケ症になったときの対策
  3. 禁煙でフケ対策

禁煙でフケ対策

「こんなこともフケ対策?」と思われる対策として禁煙があります。
通常、禁煙と言えば、
「体に悪いから」「肺がんの原因になるから」
などの理由でタバコをやめるわけですが、フケ症につながるケースもあります。

タバコが体に与える害を考えれば、喫煙でフケ症になるのも必然と言えます。

喫煙はさまざまな形でフケ症につながる

タバコもそれ自体がフケ症の原因になるものではありません。
しかし、喫煙はご存じの通り、肺がんをはじめとして、万病の元になる行為です。

タバコがフケ症につながる理由を挙げてみましょう。

血行を悪くして頭皮の栄養不足を招く

喫煙が体に与える影響の中でも、フケ症と関わりが深いのは、
血行を悪くすることです。
ニコチンやタール、一酸化炭素が血液循環を悪化させるのです。

禁酒食生活のところでも述べていますが、
頭皮に栄養を届けているのは血管であり、栄養は血流に乗って各所へ届けられます。
血流が悪くなれば、頭皮だけでなく、体のさまざまな部分が栄養不足になって、
正常に働かなくなってくるということです。

中でも頭皮は栄養供給が後回しになりやすいため、
血行不良の影響を非常に受けやすいのです。

頭皮が栄養不足になれば、すぐに傷んで新しい角質細胞を必要になるため、
新陳代謝は急激なスピードになってしまって、フケ症を起こします。

ホルモンバランスが崩れる

喫煙はホルモンバランスを崩す原因にもなります。

男性の場合は男性ホルモンが増加して、皮脂の分泌が多くなります。
女性の場合は女性ホルモンを減少させ、女性らしさが失われていきます。
もちろん女性の場合も男性ホルモンも増加して、皮脂が多く分泌されます。

皮脂が多くなればフケ症の原因である癜風菌が繁殖するため、
喫煙はフケ症に直結すると言ってもよいかもしれません。

禁煙もストレスにならない範囲で

禁煙jも実際にするのは非常に難しいことです。
そもそも「フケ症の原因になっているかもしれないから」という動機で、
禁煙に取り組んでも、モチベーションが続くとは思えません。

ただ、フケ症をきっかけに禁煙するのはよいことだと思います。
タバコは健康に良いことは何もありませんし、
周囲の人にも副流煙を吸わせて健康を害してしまいます。

実際にタバコがフケ症の原因になっているかどうかは分からなくても、
全身の健康のことを考えれば、禁煙したほうが良いことは間違いありません。
禁煙は無理でも本数を減らすことくらいはできることがあります。

ただし、禁煙することがストレスになって、
それが新たにフケ症の原因になってしまうことが考えられます。
禁煙する場合も無理は良くありませんので、できるところから始めて下さい。