1. ホーム
  2. フケを予防するには?
  3. 正しい洗髪でフケを予防しよう

正しい洗髪でフケを予防しよう

フケを予防するためには、まず何と言っても頭を洗うことが大切です。
洗髪をしなければ、どんな人でも間違いなくフケ症になってしまいます。

「洗髪」という文字は、「髪を洗う」としか読めませんが、
洗っているのは髪だけでなく、むしろ頭皮を洗うことを意味すると言ってよいでしょう。

普段、頭皮は直接目で見ることはできませんし、
鏡で見たとしても、スキンヘッドでもないかぎり、髪に遮られていてよく見えません。
そういう意味で、私たちが頭皮と関わるのは、洗髪の時だけと言えます。

ただ漠然と洗髪するのではなく、
フケ予防を意識した洗髪のポイントを紹介しましょう。

頭皮への強い刺激を避けること

フケ症を予防するための洗髪において、まず心がけたいのは、
頭皮に強い刺激を与えないようにすることです。

「とにかく髪と頭皮をきれいにしなきゃ!」
と思って、痛いほどにゴシゴシ擦って洗う人がいますが、
これでは逆効果です。

頭皮に強い刺激を与えると、皮膚が炎症を起こしやすくなります。
蚊に刺されたところを痒いからといってバリバリ掻いていると、
皮膚がやぶれて血がにじんできますよね。
それと同じことが頭皮の場合も起こります。

中には爪を立てて頭皮を引っ掻くように洗い、
皮脂を無理やり剥がそうとする洗い方をする人もいますが、
もってのほかです。

強い刺激を受けると頭皮は痛み、新陳代謝を早めて、
かえってフケ症の原因を作ってしまいます。

強く洗ったからといって、皮脂の分泌量が少なくなるわけではありませんし、
強く洗わなくても、丁寧に洗うことでフケは取れます。

特にフケ症をすでに発症している人の場合、
頭皮に皮脂が多量に大量にこびり付いている状態なので、
どうしても「強く洗わなければ!」という意識が働いてしまいます。

でも大切なのは、洗う強さではなく、丁寧さなのです。

洗髪は「ゆっくり」「優しく」「丁寧に」を心がけて下さい。

ぬるま湯で洗おう

頭皮に強い刺激を与えないようにするポイントとして、
洗髪に使うお湯の温度にも気を配りましょう。

あまり熱いお湯で洗うと、頭皮が熱によるダメージを受けてしまいます。

おすすめは、ぬるま湯を使うことです。
洗髪は頭皮の汚れを落とすことが目的ですから、
温かいお湯を使う必要はなく、ぬるま湯で十分なのです。

蛇口をひねってすぐに出てくる冷たい水と、
しばらく出し続けて熱くなったお湯が混ざったくらいの温度がよいでしょう。
これなら水道代の節約にもなるかもしれませんね^^

頭皮に必要以上の刺激を与えない。
このことを意識して洗髪するようにしましょう。